木製椅子のリペイント。

 

といっても訳あって座面のみ。

 

 

 

まずは既存から⇩

 

 

 

 

 

 

アンティーク調の椅子です。

 

 

 

ターゲットとなる座面はというと⇩

 

 

 

 

経年劣化による退色や傷が確認できます。

 

 

この雰囲気をしっかり記憶して〜〜

 

早速旧塗膜剥離から。

 

 

 

 

 

溶剤やスクレーパーで頑固な塗膜を落としていきます。

 

最終的に研磨して

 

 

 

 

思ったよりもきれいに落とせました。

 

 

 

やっとスタート地点にたどり着いたところで

早速塗装していきます。

 

 

 

 

大きく目立つ傷は着色前にパテ処理しておきました

 

 

 

 

ステインで染色後拭取ります。

 

 

 

 

 

いい感じに染まったところでウレタンサンディングを2回塗り込みます。

 

 

 

 

乾燥後研磨

 

 

 

 

この一連の作業を延べ3回ほど行ってから

やっと仕上げの工程へ移る事が出来ます。

 

 

っとその前に

傷に施したパテが痩せてきているので

調色したラッカーパテで最終の不陸調整⇩

 

 

 

 

 

その後色補修箇所に木目を描いたり

カラークリアでアンティーク加工を施したり⇩

 

 

 

 

 

 

最後にウレタンクリアを吹き付けて完成⇩

 

 

 

 

 

 

 

きれいに生まれ変わりました。座面のみですが・・・

 

 

何故か完成写真だけが横なのは

私の力ではどうする事も出来なかったからです。

 

 

寝ながら見てください。