お久しぶりの投稿。

 

 

忙殺はまさに今も続いていますが、大変有難い事です。

 

感謝しかありません。

 

 

ただ、それにより対応が遅くなりご迷惑をおかけしてしまっている

お客様には心よりお詫び申し上げます。

 

 

 

 

 

そんな有難い感じの井原でございますが

 

 

というのも・・・

 

 

 

 

2か月以上前より準備しておりました某お寺様の仏像の塗装案件。

 

先日無事完了し遠く中部地方まで発送した次第でございます。

 

 

 

今回は既存FRP製仏像の金箔風リペイントをダイジェストでご覧ください。

 

 

先ずは既存状態

 

 

 

すでに金色です。

 

ところどころ傷がありましたので、当然補修します。

 

 

 

 

 

新規FRP台座も不陸調整して塗り込んでいきます。

 

 

 

 

 

下色の白を吹付。

 

この状態だと陶器みたいでしょ。

 

 

 

 

 

 

 

一度温室に入れて80℃程度で強制硬化させます。

 

 

 

 

 

 

乾燥後メッキ調シルバーに。

 

こいつがなかなかの優れものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

乾燥後ゴールドにしていきます。

 

 

 

 

カラークリアを薄く何層にも重ねて色付けしていきます。

 

 

 

 

色味は見本通りのトーンまで来たところで最後はクリアアップです。

 

 

 

 

 

クリア乾燥後羽布掛けします。

 

 

 

 

 

 

 

で、完成がこちら。

 

 

 

 

 

アップも。

 

 

 

 

 

汎用のゴールドメタリックや金粉、パール粉などとは違う

メッキや金泊に近い輝きと映り込みが特徴の仕上げです。

 

 

 

次回は新規木製仏像をダイジェストでご紹介の予定。